6月1日は「世界牛乳の日」、そして6月は「牛乳月間」!

ということで、牛乳紹介シリーズ第2弾は…『匠 淡路島牛乳』。

匠 淡路島牛乳

淡路島内で高基準を満たしている酪農家13軒の生乳のみを使用した、高品質の牛乳です。

近畿地域で唯一の生乳鮮度重視牛乳で、高い鮮度を誇ります。

また、製造方法にもこだわりが詰まっています。

【こだわり1】集乳地域を限定!

南あわじ市・洲本市に集乳地域を限定しています。

生産酪農家と牛乳工場の距離が近いため、新鮮な生乳が工場に届きます。

【こだわり2】集乳から殺菌・充填まで24時間以内!

集乳 → 検査 → 殺菌 → 検査 → 充填 → 検査

この工程をすべて24時間以内で作業しています。

詳しい製造過程はこちらをご覧ください。

【こだわり3】集乳時の細菌数が少ない!

匠牛乳に使用される生乳は集乳時の細菌数がとても少なく、15万以下です。

乳等省令で定められている値は、400万以下。

淡路島の中で高品質な生乳生産酪農家の生乳を使用しています。

【こだわり4】乳脂肪分が高い!

白地に青いロゴの淡路島牛乳は、乳脂肪分が3.5%以上です。(※年間で一番低い値。夏場は低く、冬場は高くなります。)

匠淡路島牛乳は3.6%以上で、高い日は%になります。

濃厚なのにさらっとした飲み心地は、新鮮で高品質な匠 淡路島牛乳だけ!

淡路島が誇る“匠”の味、ぜひご賞味ください(^^)/

商品に関するお問い合わせは淡路島牛乳(0799-42-5013)まで。

商品情報はこちらのページをご覧ください。