牛乳のカルシウムの吸収率が良いのは、牛乳中の成分に関係しています。牛乳は他の食品に比べてカルシウムの吸収が高い食品で、吸収率は40%というデータもありあます。カルシウムの吸収が優れている理由は次の通りです。
 1)カゼイン(牛乳中の主なたんぱく質)の分解物であるカゼインホスホペプチド
(CPP)が、カルシウムのイオン状態を保持して吸収率を高めています。
2)牛乳中の乳糖が小腸の吸収細胞に作用し、カルシウムの吸収を促進します。
3)カルシウムとリンの比率が理想的な1:1です。リンが多すぎると骨などに貯え
られたカルシウムと結びついて、体外へ排出されてしまいます